So-net無料ブログ作成

A Rainy Day [イギリス留学記]

5月になってもまだ肌寒い日が多いですが、あいかわらず雨が多いです。

しかし最近、岩が少しだけある公園を見つけたのでちょっと気に入っています。
ただ、そんなにシビアじゃないのであまり練習になっているとも思えません。

まあ乗れないよりマシか。

こっちに来てからもう半年、ストリートなどのきれいな地面でばかり乗っているので、
ラフな乗り方になってしまっている気がします。


https://youtu.be/7oU-nLst0As

しかしちょっとだけ副産物として収穫もあります。

1)最近リラックスして乗ることが出来るようになってきた気がする。
ラクチンな所ばかりで乗ってるだけなんですが(笑)

2)真直角ステアへの恐怖が減ってきた。
高さ1m、幅30cmくらいのステアも行けるようになってきた!成功率は高くないけど。

3)パラが少し進化。
高さの限界が上がってるわけじゃないけど、着地がピタッと収まるようになってきた。
動画の一番最後のパラ、高さはほぼ限界の115cmくらいですが、無理してる感じがしない。
リラックスして、タイミング良く動けば力まなくてもこの位いけることが分かってきた。
でも高さはこれで限界。不思議。

さらに、1mならリアで着地できるようになってました。

もしかしたら限界の高さ自体もこれから上がっていく前兆なのかも知れない。

たいてい、飛びが進化する時って、「今までの限界が楽に上がれる」とか、「リア着できる高さの限界が上がる」ことから始まる気がするから。


この間、ブログを徘徊していて、少し気になった方にコメントしたのですが、
パラの限界を上げていく時には「前輪先行」「両輪着地」「後輪着地」それぞれの限界を上げていったほうがリスクが少ないし、何より場面に応じて応用が効くと思うのです。

まあリア着地が必要な場面って少ないし、一番ハイリスクなんですけどね。
でも、前輪着地でリアを引き上げたりとかで稼ぐ前に、本当のジャンプ力がちゃんと付いているかを確認する為に、私はたまに練習に取り入れています。
まず正味のジャンプの高さが出てないと限界は上がりませんからね。

と言うわけで、リア着地を撮ってみました。
悲しいかな、帰って来て編集して気付いたのが、カメラアングルが低過ぎて身体がフレームアウトしてた。。。
ごめんなさい、こんなんでも参考になれば。。。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

E

私も昨日自宅でリラックスして乗ってました。
70cmくらいの高さからダニエル降りで着地した途端、尻餅ついて、両手手でハンドルは持ったまま、でもバイクは前方に吹っ飛んでいきました。
ついにTRY ALLカーボンフォークが折れました。
そろそろ寿命かなと思っていたので、フォークが折れたことより、折れた瞬間、両ブレーキホースがレバー側根元から引きちぎれたことに驚きました。 けがしなくてよかったです。

アフロ二輪さんで紹介されているのと全く同じ折れ方でした。
http://ameblo.jp/afro2rin/entry-11149208783.html

by E (2016-05-04 08:34) 

yo!C-Biketrial

Eさん>
あらら、御愁傷様です。

ところで逝く時って突然逝きました?
アルミのフォークって、コラム折れる前にたいていヘッドパーツが緩みます。金属は塑性変形するので。私はこれで何度か助けられて折れる前に発見したので、乗っててバッキーンは1回しかやったことないですね。

カーボンはその前兆が無いんでしょうか?だとするとやっぱり怖いですね。。。

ちなみに、超マッチョでぶっ飛ぶカイル君は3ヶ月くらいで普通のフォークを折るそうですが、Tryallのカーボンフォークはもう1年位使い続けてるそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=dHCgTjfBUfI

どうも製造時期によってロットが違って、ずいぶん耐久性が向上してるみたい。

次はハッシュポテト、じゃないハッシュタグ買っちゃいましょう!
by yo!C-Biketrial (2016-05-04 21:04) 

E

明確な前兆が確かにありました。
犬が庭に穴を掘りはじめたり、ヘッド周辺からきしみ音がしたり、ヘッドの回転が悪くなったように感じたので、フォークをはずしてみると、今回折れたところにクラックらしき傷があったのを見つけたのですが、一気に折れるとは思わなかったので、もう少し乗ってみようと判断した矢先のことでした。
折れたカーボンフォークはTRY ALLの初期モデルだったみたいです。カラム内側には薄いアルミパイプが入っていました。もう1本TRY ALLのカーボンフォークを持っていますが、こちらは肉厚のパイプが入っています。長屋佳政さんから落札したものです。

by E (2016-05-05 15:20) 

yo!C-Biketrial

Eさん>
私もクラック発見しても次の部品が手に入るまでは使っちゃいますね。。。

折れたのはやはり初期型でしたか。。。
たぶん、肉厚の改良版のほうは大丈夫だと思います。
そこさえ補強してあれば、折れた話は聞かないですね。

私はいまだにカーボン製品が信用できず、、、アルミのハンドル、フォークのままです(笑)
最近のは良くなってるんでしょうけどね。
by yo!C-Biketrial (2016-05-06 07:37) 

E

楽しみなニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000012-rps-ind
by E (2016-05-21 19:07) 

yo!C-Biketrial

Eさん>
ニュースが本当なら楽しみですね!

エコカー全盛の時代ですが、近年はスポーツカーがまた復活の兆しですね。

やっぱり純粋な運転が楽しめる車はいいですね!
S2000はちょっと尖って(尖り過ぎて)いて、どこか危なっかしいオーラがあって好きです。

まあ当面は今の車乗り続けますよー
・・・というか、2人乗りのオープンなんて、独身時代に買った車をなんとか維持してるだけで、今また買い直すなんて言ったら許可が降りるとは思えません(笑)
by yo!C-Biketrial (2016-05-24 07:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。